営業部 部長
2016年入社 中途・キャリア採用
Shiraishi Takaya

白石 貴也

みんなで一緒に成長する。
今の仕事内容

主に、不動産の仕入れ業務と住宅購入を検討されているお客様の対応をしています。不動産の仕入れ業務は、物件の査定を行い、その土地や建物の価値を明確にして売値を決めていく作業です。この自社商品をつくっていく作業を通してお客様にご案内できる物件を増やし、ライフ住宅販売の強みにしています。お客様への対応としては、条件に合う物件のご案内、契約の手続き、引き渡しの準備などです。


入社動機

前職も不動産関係の仕事をしていたのですが、将来的なことを考えて、もっと自分が成長できる会社、長く安定して働ける会社に転職しよう、と30歳の時に転職を決意しました。面接の時に「コツコツ、長く働いてほしい。じっくり人を育てていきたいから......」と言ってもらえたのが入社の決め手となりました。また、仲介、分譲、仕入、開発、建売、すべてをやっているという幅広い事業内容もとても魅力的でしたね。自分が将来どうなっていたいのか、というポイントで転職先を探していたので、どんどん成長できそうなライフ住宅販売で働きたいと思ったんです。中小企業の不動産会社で色々経験できるところって、意外と他に無いもんですよ。

仕事のやりがい

不動産の契約は、大きく分けるとふたつあります。1つ目は、我々が所有している物件を直接お客様に買っていただくこと。これは「住まい」つまり商品力に左右されることが多く、モノが良ければ売れやすくなります。そして2つ目は、仲介です。売主様と買主様を間で繋ぐこの仕事は、誰が仲介しても扱うモノは変わりません。それにも関わらず、売主様から「白石さんに任せてよかった」、買主様から「白石さんから買ってよかった」と感謝していただけるのはとてもうれしいですね。仲介手数料はモノではなく、サービスに対する価値。お客様から信頼され、おもてなし力にご満足いただけた証です。そんなお客様から感謝の言葉は、やりがいの源ですね。

今後の目標

ライフ住宅販売が加盟しているセンチュリー21では、優秀な店舗や営業マンに「センチュリオン」という賞を贈る表彰式が年1回あります。この賞に去年、一昨年と連続で個人受賞することができました。お客様の一生の中で大切な契約となる瞬間に、それだけ多く立ち会えたことをとてもうれしく思っています。店舗としても過去に何度も連続受賞しているのですが、その中でも売り上げ1位の店舗に輝けるよう、自分がもっと引っ張っていきたいと思っています。また、管理職になった今、部下もいるので、部下の育成にも力を入れていきたいですね。「この会社で働けてうれしい」と思ってもらえる環境づくりも今後の目標になります。

自社を自慢するならどんなところ?

良い意味で不動産会社っぽくないところです。数字(売上)のために社内でお客様を取り合ったり、人間関係でギスギスしたりすることもありません。「みんなで一緒に成長する」「目標に向かって動いていく」っていう雰囲気なんです。ライフ住宅販売では毎朝全員で朝ミーティングをして、みんなで目標達成できるようにチームワークを大切にしながら仕事をしています。営業なので数字を競い合う気持ちも大切ですが、お互いの数字を意識しながら向かう先は同じ、という感じです。「みんなで成長していこう」「長くこの会社で働いてほしい」という会社の想いは、他の不動産会社ではなかなかないと思います。